■やっぱりFIT買った!フィット大好き!■


激安なのに日本製パソコンあります♪わたしも使ってます♪

記事一覧

人気記事【先週】

    ローグ・ワン|スターウォーズストーリーの感想


    あけましておめでとうございます♪

    お正月を迎えてから
    遅ればせながら「ローグ・ワン」を観てきました。

    エピソード7「フォースの覚醒」を一緒に観た
    息子が「ぜひ観たい」と言うので、

    私自身は「本編じゃなくスピンオフだから観なくても・・」と
    思っていましたが「それじゃあ」っつ〜ことで
    1月1日元旦に鑑賞。

    1日は安かったので贅沢にも4DXを初体験。
    3人で7千円を超える!(安い日でなければ1万円近い!)

    ローグ・ワン.JPG

    ん〜〜

    あんまり期待してなかったのもあるけど
    前半はダル気味で淡々と話が進むんです。

    ちょっと眠りに落ちそうになったほど(笑)

    4DXなんで、座席は激しく揺れるわ
    耳の後ろからプシュプシュエアピストル発射されるわ
    思っていたより多い水がかかってくるわ

    にもかかわらず眠くなる有様・・・



    しかし後半!

    スターウォーズらしからぬ、
    「プライベートライアン」ばりの戦闘シーンに驚き、

    デススターの設計図を盗む過程にハラハラ。

    なぜデススターの設計図がそんなにも必要だったのかも
    このスピンオフ映画でよく解ります。

    この設計のカラクリは
    もともとルーカスの原案にあったのか?も気になるところ。


    で、前半のダルさ一変して
    後半は一気にヒートアップするのです。

    お決まりではあるものの
    空中戦と地上戦の同時進行の末
    「エピソードW新たなる希望」のオープニングへ
    繋がるラストシーンを迎えるのですが・・・


    いやホントに・・
    「見なくてもいい」という選択肢があったほど
    期待してなかったスピンオフ作品。


    エンドロール中・・

    「あれあれ??」

    「泣いてる俺・・」


    隣に座っていた息子にバレてたようです(笑)


    スターウォーズで泣くなんて・・・
    思ってもみませんでした。


    DVD&ブルーレイ買わなくちゃ!








    posted by 宅建ジョー at 22:21 | ■ 宅建ジョー@雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    社会人人生最大のピンチをどう乗り切ったか【8】最終話


    今回は・・・

    本当に仲間に助けられた。

    クレーン会社C専務。
    下請会社T専務。
    上司のW所長。
    土工事のバックホーオペの皆さん。
    レンタル会社Kの皆さん。
    同僚のU課長。
    同僚のS工事長。
    S興業のM職人。


    元請の所長は「ダメ出し」をするだけで
    なにひとつ協力してくれなかった。
    妥協案を見いだせなかった。



    なぜか東日本大震災を思い出した。


    あの未曾有の災害。
    あの時の対応でみな、大きく評価が分かれた。

    あの時点で、人生を見つめなおすきっかけに
    なった人が大勢いただろう。

    「ああ、この人とは一緒になれない」

    「この人を選んで正解だった」

    と、別れを決断した人。
    一緒になることを確信した人。

    あんな状況では人間の素が出る。
    だから大きな決断の材料になるのだ。


    さて話を戻すと・・


    私は今回の工事で

    今後も是非お付き合いをしてもらいたい人。

    もう二度とお付き合いをしたくない人。

    その判断がきっちりついた。



    そういえば・・・

    私は来年3月いっぱいで
    今の会社を辞めるんだった(笑)
    『49歳、会社辞めます!』

    来年4月からも別会社で
    おそらく似たような仕事をする。


    今回の泥沼地獄から助けてくれた方々
    本当にありがとうございました。

    来年春からも
    ぜひお付き合い下さいますよう
    よろしくお願い致します♪




    【おわり】



    途中から読んだ人へ
    この話の最初に戻る





    社会人人生最大のピンチをどう乗り切ったか【7】


    メンツはなんとか揃った!

    あと少し!
    難しい「手直し」が残ってしまったが
    なんとしてでも収めなければ!


    もう気力だけで戦っている。
    もうすぐ49歳を迎えるんだよね俺・・・


    手直し。初めは法線逸脱部の上流から。

    こちらはとりあえず軽傷なので
    土工さんのバックホーに手伝ってもらって
    引っ張りながら「つっかえ棒」をする。

    骨折の時の添え木の要領だ。

    何度も溶接がブチ切れたが何とか収めた。

    それでも丸一日かかるところが
    急造チームの痛いところ。


    次の日。

    重症の下流はとりあえず3枚抜く。

    手順を逆にされたおかげで
    より難しい工事になってしまっている。


    またバックホーさんの力も借りつつ
    法線の修復、直線締め切りの準備を整えていく。

    さすがに1日目は再び失敗。


    ここで詳しく書けないのが残念だが、
    ちょっと奥の手を使わないと収まらないことが判明。

    ベテラン管理者の同僚の意見を受け入れ
    とにかく合格ラインに収めることを重視。

    そもそも
    その直線締め切りは
    もっとエグいことを皆やっている。

    そうじゃないと無理な部類の工事だ。

    「設計」と「施工」は繋がっているようで
    まるで立場が違うし環境も違う。

    かたや机の上での作業で、かたや空の元での作業だ。
    「机上の空論」と言われるがまさにその通り。


    それでも何とか収めるのがプロ。
    あらゆるテクニック(?)を駆使し
    2日かけて完了した。

    上流、下流とも
    許容ラインぎりぎりの箇所があったにせよ
    合格は合格。

    点数を付ければ
    本当は赤点だが追試で70点。


    長い長い10日間がやっと終わった。



    再終話へつづく




    どちらかひとつでもポチっとよろしく♪
    人気ブログランキングへ にほんブログ村へ





    記事一覧

    ブログ記事 【 検 索 】
     
    【人気記事】先週
      るんるんメールはコチラからどうぞメール
      メールはコチラからどうぞ♪

      宅建ジョー愛用パソコン【日本製】


      わきが対策激安パソコン宅建教材メンズ脱毛HP作成ソフトがん保険肩こり解消
      Copyright (C) 2007〜2016宅建ジョーブログ@資格とサイトは【資産】になる!All Rights Reserved.