"■ 社会人人生最大のピンチをどう乗り切ったか"の記事一覧

社会人人生最大のピンチをどう乗り切ったか【8】最終話

今回は・・・ 本当に仲間に助けられた。 クレーン会社C専務。 下請会社T専務。 上司のW所長。 土工事のバックホーオペの皆さん。 レンタル会社Kの皆さん。 同僚のU課長。 同僚のS工事長。 S興業のM職人。 元請の所長は「ダメ出し」をするだけで なにひとつ協力してくれなかった。 妥協案を見いだせな…

続きを読むread more

社会人人生最大のピンチをどう乗り切ったか【7】

メンツはなんとか揃った! あと少し! 難しい「手直し」が残ってしまったが なんとしてでも収めなければ! もう気力だけで戦っている。 もうすぐ49歳を迎えるんだよね俺・・・ 手直し。初めは法線逸脱部の上流から。 こちらはとりあえず軽傷なので 土工さんのバックホーに手伝ってもらって 引っ張りながら「…

続きを読むread more

社会人人生最大のピンチをどう乗り切ったか【6】

明後日で完了するはずだったこの工事。 まだまだ光が見えてこない・・・ とりあえず、引き抜き工事に集中しよう! 今日明日の手元作業員2人も初顔。 クレーンオペレーターは57歳。 上手なのだが、いかんせんスピードが足りない。 2人の手元はいつもハイスピードに 慣れているらしく、クレーンがゆっくり 引き抜い…

続きを読むread more

社会人人生最大のピンチをどう乗り切ったか【5】

この工事はこの工種最高レベルの難しい閉め切り。 最後まで全く気が抜けないのである。 2班ともきっちり閉め切ってくれるのを祈るのみ。 ここまで多くの助けを経て辿り着いた。 運も実力のうち。 ちょっと祈るような気持ちになった・・・ 上流側のA班はなんとか閉め切ったが 下流側のB班が苦戦している。 なんと!…

続きを読むread more

社会人人生最大のピンチをどう乗り切ったか【4】

大事な初日。強風により出来高ゼロ。 イベントに間に合わない。 どうする俺!! 打ち込みに2日。 引き抜きに1日。 どうやっても1日足りない。 引き抜かなければ イベントである「通水」が出来ない。 しかし先に引き抜けない。 打ち込んでしまってからでないと 引き抜けない物理的な事情がある。 …

続きを読むread more

社会人人生最大のピンチをどう乗り切ったか【3】

よし! 即席のチームには違いないが 仕事ができる環境は整った。 ここまででも奇跡のような段取り。 しかしまだ本番はこれからなのである(笑) 大事な初日。 クレーンオペさんと手元二人は初顔。 もちろん私は全員と初顔。 入念に今日の工事の内容と 作業手順を打ち合わせる。 だいたいこういう即席チーム…

続きを読むread more

社会人人生最大のピンチをどう乗り切ったか【2】

絶望の淵に立たされた私の目の前には この現場で意気投合したクレーンリース会社の オペレーター兼専務のC氏。 C専務・・・カクカクシカジカ・・・ 何とか明日から工事部隊なんとか・・・ と、藁をもつかむ想いで懇願。 結果は・・・・ 急遽にも拘わらず、なんとかクレーンと オペレーターを確保してくれた…

続きを読むread more

社会人人生最大のピンチをどう乗り切ったか【1】

いやいや・・・ もう身も心もくたくたに疲れた・・・ 今回の工事は 入りからつまづいた。 12月1日(木)乗り込み予定の工事部隊が 「前の工事が終わらなくて2、3日遅れる」と。 俺、今回は12月5日(月)にイベントがあるから、 だから12月1日(木)には開始してもらわないと って 2週間前から「確定」してた…

続きを読むread more